個人用から、家族用へって

はじめて買った車は、ミラージュだった。初任給からローンを支払って、新車だったので甚だしく快くて。
初めての車ぐらい、好きなものを買いなさいって、お母さんも言ってくれたのだ。
1500の狭いハッチバックだったけど、よく走って、これで海も山も行ったもんだ。
その後、ウィングロードに買いかえた。友達や、同僚を乗せて走ることが増えたので、荷物や、人数がたくさんのれる車が欲しかった。
ツートンカラーのボディで、自分では凄まじくカッコイイとして乗ってたな。
丸ごと結婚して、子供が出来たのだけれど、何だか子持ちだとスライドドアが欲しくって。
あと、実家までの帰省に距離があったから、もちろん2000くらいの大きい車が欲しくなって。
なのでリバティに変えちゃったんだよなぁ。こういうときは今や、旦那がお金を出したから、色も旦那の好きな色だった。
それほど走ったなぁ。毎年帰省に千キロ以上走るので、大層リバティには頑張ってもらった気がする。
そのリバティで事故を起こしてしまった。いわゆるオカマほられたって奴で、こっちは死者でありキラー。何故なら、前の車に追突しちゃったから。
玉突き事故って奴で、後ろから前から潰されてしまって、かわいそうなリバティ。きっと、スピードがあまり出てなかったから、被害も悪くなかったけど。
も、エアコンが効かなくなったり、エンジンの調子がおかしくなったりといった、結構不便になってしまったので、買い替えることにした。
そうして、今はラフェスタにのっていらっしゃる。ラフェスタのいいところは、何と言っても運転席が低いので座り易い。妊婦だったころは本当にこれがありがたかった。
両側スライドドアも宜しい。左は自動にもなる。子供を抱えているって、実際これが頑張るのだ。
ラフェスタは大きすぎないし、2000あるので、長距離乗ってもそんなに難くはない。使い勝手も宜しい。
当分買い替えるつもりはないほど愛する。 コンパクトカー 比較